小見川千明さんのシングル楽曲「いつかの約束」制作四方山話

相変わらず腰が重いままなんですが、この1年分今頃エゴサして絡んでみたりしています。「あの曲が好き!」とか仰って頂けるのは制作者として本当に本望です。後、毎年恒例になった桜の撮影にも行きました。

ということでですね、先月発売された小見川千明さんのシングル楽曲「いつかの約束」の制作四方山話をそろそろやろうかと。音楽制作系なのでちょいとお話は専門的になる・・・かも。いや、なるな。

ということで、楽曲の出自ですが、小見川さんファンの方はご存じの通り、彼女の自主イベント「小見川千明のお遊戯会」で行う朗読のエンディングというか、テーマ曲ですかね。そういう感じで1曲リクエストが小見川さん本人から来ました。イベントはピアノとアコースティックギターなので、まずその2つの楽器で成立して、朗読のストーリーに合うもの、その曲を使う部分の雰囲気に合うもの、ということで書いてます。該当箇所を読んだところ、割と「希望」や「明るさ」「ポジティブさ」を感じる部分だったので、メジャー(長調)コードで、バラードかなと。後、ライブで歌う前提なので、あまりトリッキーなメロディやハイトーンは使わず、小見川さんが楽に歌えるキーとメロディにしました。自分も歌うのでわかるんですが、ライブであんまりトリッキーな曲だと結構きついんですね。だから何度歌っても安定するあたりに持ってきています。

で、それをシングルリリースしよう、というお話を頂いたのが去年の第二回目のお遊戯会くらいですかね。そのままピアノとアコースティックギターだけだと、ライブの場ではなく、他の曲と共に聴かれることを考えると寂しいので、大幅に楽器を足しました。前述の2つの楽器に加え、フレットレスベースも演奏しています。その他後半でストリングスセクションやらハープやらオーケストラパーカッションやらを加えて盛り上げていき、朗読で感じる「希望への夜明けの船出」の空気感を演出します。ただ、小見川さんのボーカルを邪魔しないようなバランスにしているので、オケのおこだわりはあまり聞こえないかも知れません。

  • 使用楽器
  • ピアノ
  • ギター
  • ベース
  • E-Bow+ギター

↑上のタブをクリックすると、制作に使用した楽器の説明がご覧頂けます

Synthogy Ivory II Italian Grand

原綾佳さんがライブで使用したのはこのSynthogy社Ivoryのドイツ・ベーゼンドルファー・サンプルだが、録音ではオケと馴染みのよいイタリアのファツィオリ・サンプルを使用。

'74 Martin D-12-20L

1974年製のMartin D-12-20L。12弦ギターで、二本一組に扱って演奏するので、通常のギターより厚みのある音になる。ライブではプレイヤビリティを考慮して、同じMartinのD-35を使用しているが、録音なのでより音色が適しているこちらを使用している。

Shecter Guitar Research Fretless Jazz Bass

製造年代不明のSchecter社製フレットレスベース。写真の後ろにある'66年 Ampeg B-15Nで鳴らして録音。らしい音が欲しいので、FulltoneのChoral/Flangerでコーラス効果をかけている。

'93 Gibson Les Paul Standard

「ヒョー」という高い音が後半聞こえる人には聞こえるのだが、これはエレクトリックギターを少し歪ませて、E-bowというバイオリン奏法を可能にするエフェクタというかコントローラを用いて演奏している。ギターは'93 Les Paul Standard。アンプは写真後ろの'61-'62 Fender White Tolex Twin Amp。Maxon OD808を通している。

E-Bow

これがE-Bow。手に持って、ギターの弦の上に置くとフィードバック効果が得られ、音が無限サスティーンする非常にユニークな楽器。実は'70年代くらいから存在する。完全な飛び道具なので、あまり活用する機会はないが、テイルズオブイノセンスRの数曲でも使用している。

Maxon OD-808

Maxon OD-808は求める軽いクランチサウンドが簡単に得られるので、大抵のアンプで使用している。

肝心の小見川さんのお歌で今回使用した機材ですが、こちらはaudioworkshop女性ボーカルの定番コンビネーションの一つ、マイクはBlue MicrophoneのBlueberry、マイクアンプはFocusrite ISA Oneの組み合わせです。平たく言うと「解像度が高くて輪郭がはっきりした音」になります。

録音後のボーカルの音響調整は、今回Sonnox Oxford EQとOxford Dynamicsを使いましたが、EQもほんと軽〜くかけた程度です。小見川さんの声のダイナミックレンジが広いので、コンプレッサーはある程度しっかり。で、最後にWaves AbbeyRoad Reverb Platesでガッツリ、プレートリバーブをかけていますね。最近はボーカルまでビンテージプロセッサーのモデリング版を利用することが多いのですが、今回はノイズレスで鈍らず、クリーンな音色で仕上げたいので、EQ/CompはSonnoxを使用しています。

ボーカルトラックはベストテイク1テイク!実は今時の定番であるピッチ補正もかけていません。小見川さん凄いですね。タイミング調整も無しです。ただ、最初中村がウィンドスクリーン付け忘れているのに、小見川さん「あれ?」て思いながら何も言わずにそのままやってらしたという。・・・言いましょうよ、小見川さん、そこは。すごいプロなのに時々不思議な方です。

ということで、皆様お待ちかね、レコーディングの時のお写真です。写真の腕がもうひとつなのですが、お楽しみください。

関連記事

  1. 新井里美さん「Friday Night Show」ご本人全曲解説ビデオ…

  2. 新井里美さんのCDをプロデュースしました!

  3. 「オーディオの科学と実践」という本を書きました

  4. 拙著「オーディオの科学と実践」が台湾で翻訳発売されています

  5. 4Gamerインタビューが掲載されました

  6. 劇場版遊戯王のサントラが発売されます

  7. 劇場版 遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS…

  8. Gibson ’93 Les Paul Standard

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Instagram

<English Below>
こんにちは
今日は中川奈美さん歌う「ちきゅうのこども (Children of the Earth)」の演奏者についてお話しようと思います

とは言っても、基本的にオケのほとんどは中村が弾いたりプログラミングしているのですが、奈美さんのボーカルの少し左から聞こえてくるソロバイオリンは遠藤百合さんというバリバリの現役バイオリニストの方が即興で演奏してくださっています
弦楽四重奏の演奏会とかやってらっしゃる本物も本物です。コロナ前に演奏会お呼ばれしましたが、まあ凄かった
奈美さんと同じ宇和島出身で、そのつながりでご参加くださったそうです
音色がまた柔らかいいい音なんだ、これが。このバイオリンのお陰で楽曲のグレードも上がった気がします(笑)
元々ストリングストラックを用意していたのですが、このバイオリントラックの邪魔をしたくないので、ミュートして使うのやめました(笑)
即興なのでこちらからディレクションはしてないです。奈美さんといい、遠藤さんといい、お任せでいい感じに仕上げて下さるのでほんと楽させてもらいました

その他の全楽器は中村が何かしらやってるわけですが、それについてはまた今度お話しようと思います
それでは

下記のURLから好みのストリーミングプロバイダーにアクセスできます。
https://music.imusician.pro/a/mXSz14-9/

#KAZNakamura 
#中村和宏
#NamiNakagawa 
#中川奈美

Hi there,
Today I’d like to talk ‘bout a player on Nami Nakagawa’s ‘ちきゅうのこども (Children of the Earth)’

Although I played and programmed almost basic tracks, the solo violin which can be heard from a bit left of Nami’s vocal is played as ad-lib by Yuri Endo, really active violinist
She is genuine and plays on the string quartet concert and so on. Before COVID-19, I was invited to her concert and her play was really amazing

She was born in Uwajima as same as Nami and that’s the reason why she joined to the project

Her violin tone has gentle and great sound. I feel her violin contributed to the quality up of the song

Before recording her violin, I prepared another strings track for this song, but after the recording, I muted the strings track and stop on using ‘cause I don’t want to disturb her violin with another strings sound

This track is improvisation so I didn’t direct her at all. Nami and Yuri Endo’s ability is excellent so just recording and then it’s oK. It was an easy recording session for me.

I did something for all the other tracks so I will talk ‘bout this later.
Have fun!

You can access with your favorite streaming service from the URL below.
https://music.imusician.pro/a/mXSz14-9/
<English Below>
こんにちは
情報アプデです

中川奈美さんが歌う「ちきゅうのこども (Children of the Earth)」ですが、Spotifyにて曲をスマホで再生すると短い動画が出てくるCANVASに対応しました!

また、同じくSpotifyのアーティストページの詳細情報も追加しました!
Spotifyユーザーの方は是非ご覧ください

https://open.spotify.com/track/4TwkxzE0LiaAEkFw11iV8q?si=978765bcf47c46ff



Hi there,
I have an update for Nami Nakagawa’s ‘ちきゅうのこども (Children of the Earth)’. 
This song now supports Spotify CANVAS, which is the short video for Spotify. 
It appears when the song is played on Spotify of your smartphone!

And I added Nami’s detailed information to her Artist Page on Spotify as well!
Have fun, Spotify users!
<English Below>
https://youtu.be/qzSAX5bSXGg
さて今日はお待たせしました!
中川奈美さんのお歌の話です


プロですし裏方仕事やバックコーラスのお仕事もたくさんキャリア積んでる方なので安定感は抜群です

ディレクションほとんど要らないw
した記憶がないですw
今回はしっとりした歌い方ですが、「鬼滅の刃」などでは「ブルガリアンボイスの東洋版かよ!」というクセの強い歌い方をされています
これ、出来る人少ないんですが、宇和島の民謡がベースにあるからできるんだと推察していますw

そう、中川奈美さんは民謡の歌い手さんでもあるのです

実際、「西日本豪雨チャリティCD「愛」」では一曲民謡を披露されています

ライブで伴奏した時はすごすぎて演奏しながら鳥肌立ちましたね
これまで幸いにして奈美さんはじめお歌が上手な方とたくさんご一緒させて頂いております

ありがたいです


Hi guys! 
Today I’m gonna talking ‘bout Nami Nakagawa’s vocal!

She’s professional and has been working for backyard jobs and backing vocals and have many careers so her vocal is always stable.
No need direction.

I have no experience to direct her vocal.
This time she sings softly and gently but on the very famous animation, Demon Slayer, she sings with very characteristic style like ‘Asian Bulgarian Voice???’

In Japan very few singers can do it. 
The reason why Nami can do it is she has background of Minnyo, Japanese traditional folk song.

Yes, she’s a Japanese traditional folk singer.

Actually she sings one Uwajima folk song in her produced CD called ‘West Japan Torrential Rain Charity CD 'AI’’

When I accompanied her the guitar at her live event, she was too great and I was very impressed.

I’m lucky. Nami and many excellent singers I worked with.

I appreciate all of them.
<English Below>
中川奈美「ちきゅうのこども (Children of the Earth)」のMVが公開されました!
中村も横でギター弾いてますw
どなたでも見ることができます!

https://youtu.be/qzSAX5bSXGg

配信先へのリンクが有効になりましたが、なぜか4つだけ💦
でもまあ使えます

https://music.imusician.pro/a/mXSz14-9/



MV公開とこちらからも飛べるようになりましたというお知らせです



Music Video of Nami Nakagawa’s ‘ちきゅうのこども (Children of the Earth)’


I played the guitar aside her.


Everyone can watch it!

And now URL link works but just for 4 streaming services.

But these are available now.

https://music.imusician.pro/a/mXSz14-9/



This is just the announcement of music video and URL likes available.


Have fun!
<English Below>
中川奈美さん「ちきゅうのこども (Children of the Earth)リリース日です!

ところがURLリンクが出てこないトラブルが💦
なので、主な配信先のリンクを記しておきます。こちらからアクセスしてください。
ご不便おかけします。問題が解決したらその旨また告知します。

Apple Music - https://music.apple.com/jp/album/%E3%81%A1%E3%81%8D%E3%82%85%E3%81%86%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%A9%E3%82%82/1646274807?i=1646274817

iTunes Store (ダウンロード販売) - 上記リンクから画面右丸3つのアイコンをクリックしてメニューを開き、「iTunes Storeで表示」を選択すると購入できます。

Spotify - https://open.spotify.com/track/4TwkxzE0LiaAEkFw11iV8q?si=483f406756b141b8

YouTube Music - https://music.youtube.com/watch?v=Gr-rYgJUcn4&feature=share

現在なぜかAmazon Musicで配信されてません。上記リンクからお楽しみ下さい。
よろしくお願いします。

Today is the release day of Nami Nakagawa’s ‘ちきゅうのこども (Children of the Earth)’!

But trouble happens on URL Link called Artist Hub. Now URL for each shop doesn’t appear on the web page.
So please jump from the links below.
Sorry for inconvenience. Once solving this problem, I will announce.

Apple Music - https://music.apple.com/jp/album/%E3%81%A1%E3%81%8D%E3%82%85%E3%81%86%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%A9%E3%82%82/1646274807?i=1646274817

iTunes Store (purchase) - From Apple Music link above, click 3 dots icon in the right side of the window and open the menu and choose ‘show in the iTunes Store’ then you can purchase this song.

Spotify - https://open.spotify.com/track/4TwkxzE0LiaAEkFw11iV8q?si=483f406756b141b8

YouTube Music - https://music.youtube.com/watch?v=Gr-rYgJUcn4&feature=share
<English Below>
明日22.10.07はいよいよ中川奈美「ちきゅうのこども (Children of the Earth)」のリリース日です!
なので今日はこの曲を書いたいきさつなど、インタビューでも触れていますが、改めて述べておきます。(インタビューはこちら:https://youtu.be/NakSE5vYKgE)
「ちきゅうのこども」はもともと「西日本豪雨チャリティCD「愛」」のために書き下ろした2曲のうちの一曲で、奈美さんから参加アーティストの皆さんが輪唱する、CDの趣旨を一番体現する曲としてリクエストされ、書き上げました。色んな個性のアーティストさんが歌われるのと、チャリティソングということだったので、テクニカルな要素は盛り込まず、誰でも一回聴けばサビを口ずさめるような覚えやすいメロディを反復しするようにしました。また、コード進行も非常にクラシックな、スタンダードな歌モノです。
アレンジについては、奈美さんの頭の中で漠然と超有名チャリティソング「We’re the World」のイメージがあったそうなので、オリジナル版はThe 80’sという感じのアレンジでした。今回奈美さんのソロ作品として配信するにあたって、もっとパーソナルな印象になるよう楽器を差し替えたり、ミックスを変えたりしました。アレンジの話はまた後日もっとディープな話をしようかと思います。
それでは明日の配信をお楽しみに!

下記のURLから好みのストリーミングプロバイダーにアクセスできます。
https://music.imusician.pro/a/mXSz14-9/

#KAZNakamura 
#中村和宏
#NamiNakagawa 
#中川奈美

Tomorrow, on Oct 7th, 2022, Nami Nakagawa’s ‘ちきゅうのこども (Children of the Earth)’ will be released! Hurrah!
So I will talk about the details that I wrote this song though some are mentioned in the interview video with Nami. (Interview video is here: https://youtu.be/NakSE5vYKgE)
The original ‘Children of the Earth’ was one of two songs which I wrote for her produced ‘West Japan Torrential Rain Charity CD 'AI (Love)’. Nami requested this song to be the center which expresses the purpose of the CD and according to the request, I wrote this song. The song is assumed to be sung by various artists and to be charity song so I didn’t add too technical elements and intended to be the melody repeatedly, which anyone can remember easily, once listening to. And chord progression is very classic style, standard vocal song as well.
About song arrangement, Nami’s request was the similar style with super famous charity song, ‘We’re the World’, so the original version based on the 80’s style arrangement. This time the song will be delivered as Nami’s solo song, to be more personal, I replaced some instruments and changed mix style (more vintage style!). Later on I will talk more and deeper about arrangement.
Wait till tomorrow’s song release!

You can access with your favorite streaming service from the URL below.
https://music.imusician.pro/a/mXSz14-9/

Twitter

PAGE TOP