MIDI Controls

Kurzweil MIDIBoard v3.0

ナムコ時代から使用していて、退社した時に廉価で譲り受けたMIDIキーボード。当時のKurzweilはまだハイエンドだったので、こちらもしっかりとした木製鍵盤を採用している。タッチが軽いという評判だが、Roland A-80のように闇雲に重いよりは好みなので、長年使用している。基本本気で音源を演奏する時やピアノ音源を演奏する時に使用している。

Nektar Technology Panorama P6

最近メインのMIDIキーボードとして利用している。ProToolsだと他と変わらないが、Cubaseだとかなりやれることが多く使い勝手がよいので、重宝している。オートメーションをアサインして書くなどしやすい。また、キータッチもかなりよい方で、弾いた時にストレスを感じないのもよい。

ROLI Seaboard RISE 49

最近購入したもっとも興味深いコントローラ。Bluetooth/USBでMac/Winと接続し、専用の「Roli Dashboard」というソフトウェアで設定を変更して同社音源ソフト「Equator」やFxpansion「Strobe2」をコントロールする。現在楽器業界はアナログシンセサイザーとこういったユニークなリアルタイム演奏デバイスが旬で、Roliはその中でもかなりメジャーな存在。実際EquatorやStrobe2を演奏するだけでなく、対応しているSample Modelingの金管/木管音源の制御にも使い始めている。TEControlのブレスコントローラと組み合わせる変則的な使用方法で、かなりイメージに近い演奏ができるようになった。

Korg microKEY61

オケものの作曲から打ち込みで一番よく使っているMIDI入力キーボードは実はこれ。ミニ鍵盤の中ではダントツにタッチがよく、61鍵ながら省スペース。Macのキーボードと共に使用するには一番よかったりする。使いすぎて一度修理に出している。BT接続できてフットペダル接続可能になったmicro KEY2でもいいかなと思うが、当分はこちらがメインのままになりそう。

Arturia Beatstep Pro

打ち込み補助機器として目下重宝しているのがBeatstep Pro。基本ビートをこちらで作成して、スネアのフィルなどはRollerを使えば簡単に打ち込める。オーケストラパーカッションの打ち込みにもRoller機能は相性がよく、ベロシティで音色を変えながら以前より自然に仕上げることができる。また、エレクトリック系のシーケンスフレーズを演奏するのにもよい。お陰で非常に使用する頻度が高くなっている。

Arturia Keystep

同じくArturiaのKeystep。Beatstep Proと異なりアルペジオやシーケンサー記録ができるので、同じシーケンサー用途のMIDIコントローラでも使い方は変わる。今のところBeatstep Proの方が断然使用頻度が高いが、この手の機材はいつどこで重宝するようになるかわからないので、ひとまず様子見状態。

Korg nanoKEY Studio

元々は持ち出し用に購入した製品だが、案外Bluetoothのレイテンシーがシンセ入力だと気にならない上、X-YパッドでTracktion「Biotek」Korg「Wavestatin」などのX-Y制御が行えるので、意外なくらい実際の音楽制作でも使えることに気づいた。キータッチもスイッチのようだが初代nano KEYのように押鍵し辛くはなく、ちょっとしたフレーズなら演奏できる。今後積極的に使用していく予定。

Arturia SparkLE

Arturiaのソフトウェア音源+ハードウェアコントローラで構成されている。ちょっとしたリズムのポン出しにはいいのだが、今のところそれ以上の使い方が思いつかない。音源の音「質」ではなく、音の「方向性」のようなものが合わないのかも知れない。探せば好みの音があるのだろうが、それなら持っているサンプルをGeist2などでトリガーした方がいい・・・という状態。この手のデバイスは難しい。

TEControl USB MIDI Breath and Bite Controller 2

MIDIブレスコントローラはYamaha BC-3を使用していたのだが、壊れて使えなくなったのと、BC-3を使用するにはSY99を常に有効にしておかなければいけないというのがストレスで、思い切ってUSBスタンドアローン接続型のTEControlのものにした。MIDIブレスコントローラといいつつ、バージョンが2になってからはそれ以上の機能を有し、コントローラを口で噛む(bite)、首を上下する(Nod)、首を左右に傾ける(Tilt)と合わせて4種類のコントロールができる。付属ソフトウェアできちんと調整すると非常にリアルな演奏が可能。ただ、Modulation(CC1)などの揺らぎが均等だとどうしても不自然なので、Roli Seaboard Rise 49と組み合わせて使うことで、より自然でリアルな演奏ができるよう工夫している。

Expressive E touché

フランスのExpressive Eから発売されているMIDIコントローラ。前後左右にMIDI CCなどを割り当てて、前後左右または下方向に押すと4方向のすべてのCCが変化して摩訶不思議な効果が得られる。本来の使い方も楽しいのだが、オーケストラ楽器のアーティキュレーションを変えるのにとてもよいことがわかったので、そういうプリセットを作成して利用している。いわゆる最新型のMIDIコントローラの一つだが、使用頻度は高くなった。

iConnectivity iConnectMIDI4+

かつてはEmagic、M-Audioと数多くのMIDIインターフェイスを所有してきたが、Mac OSのバージョンが上がるにつれ、過去機種が使えなくなってしまったため、懇意にしているRock On Proにもアドバイス頂き、こちらを導入。iOSでも使えるし、ネットワークでも使える。ルーティングも自在。あまりにやれることが多すぎるので、今のところ普通のMIDIインターフェイス+iOS用として利用している。

 

Synthesizers

Moog Minimoog-D (Vintage)

ビンテージのMinimoog Model-D。ご覧の通り、鍵盤がガタガタなので、修理しなければいけない。主にアナログシンセ・ベースやリードで使用。シーケンサーからコントロールできないので、基本すべてリアルタイム演奏して、DAWで後程クオンタイズするという方式を取っている。状態のいいものを入手しているので、鍵盤はガタガタになってしまっているが、音質は「あの音」が簡単に出る。

Oberheim OB-8

Oberheimの往年の名機、OB-8。ようやく修理を完了させ、動作するようになった。音質は瑞々しく、華やかで抜けのよいOB時代の「Oberheimサウンド」。コントローラはシンプルだがエディット次第で結構色んな音が出て重宝する。今風の曲に合わせても全然いける。

Twitter

PAGE TOP